ゆうちょのカードローンでいいんですか?

ゆうちょ銀行のカードローンはスルガ銀行の『したく』

ゆうちょ銀行のカードローンはスルガ銀行に委託されている『したく』というカードローンになります。『したく』の仕様は、

金利 7.0〜14.9%
借入可能額 最高500万円

と、特に金利も低いわけでもなく、サービスが充実しているわけでもありません。それなら用途によってメリットが秀でたカードローンに申込む方が得策です。

即日融資なら無利息サービスのある大手消費者金融

プロミス 【最短1時間融資】
SMBCコンシューマーファイナンス


プロミス

実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 最高500万円
アコム
三菱UFJフィナンシャルグループ

実質年率 4.7%〜18.0%
借入限度額 最高500万円
モビット

実質年率 3.0%〜18.0%
借入限度額 最高800万円

高額融資希望なら低金利カードローン

金利 年利 4.0%〜14.5%
限度額 最高 800万円

金利 年利 1.99〜7.99%
限度額 最高 1,000万円

収入のない専業主婦なら主婦カードローン

金利 年利 9.0%〜14.0%
限度額 10〜200万

金利 年利 2.4%〜17.5%
限度額 最高 800万円
スターカードローン【東京スター銀行】

金利 年利 4.5%〜14.6%
限度額 10万〜500万円以下

ゆうちょ銀行のカードローンの沿革

ゆうちょ銀行は、郵便局が運営する銀行業務のことで、2007年の優勢民営化によって誕生した比較的新しい銀行です。もともと基本的な銀行としての機能をすべて備えているゆうちょ銀行ではありますが、カードローンの場合は少し事情が異なります

 

2011年にゆうちょ銀行は、静岡県沼津市に本店を置くスルガ銀行と個人向け融資において業務提携を行うようになり、その結果スルガ銀行のカードローン商品をゆうちょ銀行でも取り扱うことができるようになりました

 

従って、「ゆうちょ銀行のカードローン」というよりは、厳密にいえばスルガ銀行で展開しているカードローン商品の代理店のようなニュアンスが近いといえます。

 

これにより、スルガ銀行でのカードローンの契約をした場合でも全国のゆうちょ銀行のATMが取引に利用できるというメリットがあります。もともとゆうちょ銀行とは、全国に多数の店舗とATMを抱えていることと、利用の際に手数料がかからないという利点を持った銀行でしたが、そのゆうちょ銀行の持つ利便性の高さがそのままカードローンで利用できるということになります。

 

そんなスルガ銀行のカードローンですが、『したく』という名前の商品名で展開されています。スルガ銀行の「したく」の特徴は、銀行系カードローンであることによる信頼性の高さにあり、融資可能額も最高で500万円まで借り入れを受けることができます。

 

なお、初めてカードローンを利用する人の場合の限度額は300万円までとなっていますが、返済などの取引実績を積み上げることで限度額を引き上げることが可能です。融資を受けるための審査については、消費者金融会社一覧に掲載されている通りゆうちょ銀行やスルガ銀行の各店舗で申し込みをすることができる他、インターネットや電話などでも受付を行っています。

 

その場合は、原則としてその日のうちに融資可能かどうかについての回答を受けることができますが、カードの発行などの手続きは翌日以降になる場合がありますので注意が必要です。

ゆうちょ銀行カードローン『したく』の在籍確認

前述の通りあまり知られていないかもしれませんが、ゆうちょ銀行もカードローンを発行しています。したくという名前で提供されているカードローンは、利用限度額がそれなりに高いことに加え、ゆうちょ銀行だからという安心感も持ち合わせています。

 

 

もちろん編集者の私はゆうちょ銀行の実態を垣間見たりしていますし、民営化されてはいますが国営体質を抜けきっていないので信用はしていません。


そのイメージのため発行したいと考えている方も多いと思いますが、このゆうちょ銀行カードローンにも在籍確認というものは当然存在します。この確認作業についてですが、基本的にプライバシーを侵害するような方法で行ってはいません。

 

 

どのカードローンもそうですが、基本会社に電話する際はオペレーターのこう人名で掛けてくるのでローン会社名は伏せられています。


個人名で連絡をかけて、在籍しているかどうかの確認だけが行われます。それ以外の質問は一切行いませんので安心して申込みが可能なのはどのカードローンも同様といったところでしょう。

 

ゆうちょ銀行カードローン『したく』は資料等を受け取って、ゆうちょ銀行の窓口から申し込まれることが多いです。また、スルガ銀行のホームページからインターネットで申し込めるのですが、他社のそれとは便利さに欠けるものです。

 

ゆうちょ銀行カードローン『したく』の窓口からの申込は、ゆうちょ銀行の窓口にし必要な物を持っていき、後から審査を受けるという形になります。一般的なカードローンに比べると審査が遅く、確認までの時間というのは結構長くなることも覚悟してください。

 

 

これらの事から頻繁にゆうちょ銀行を利用する方向け


といいうことですが、今の時代ゆうちょ銀行をメインバンクにする方は少ないでしょう。ですのでやはり利便性の高いカードローンをカードローン おすすめ一覧から選ぶのが最適です。

 

個人の確認が行われた後で、在籍確認という作業に入ります。電話連絡で審査結果が受けられるようなら、その時点で利用できる可能性は高いと思ってください。後は個人名で本人が働いているかどうかを確認した後、カード発行の手続きを行うことになります。

 

 

在籍会社の確認が取れましたら契約・カード発行の手続きへと進みます。


ゆうちょ銀行のカードローンでは絶対に余計なことを聞かないことを徹底しているので、プライバシーに関係のあるような情報は企業側にも教えませんし、また聞くようなことは一切ありません。

 

他社では余計な情報まで聞いている所があるようですが、ゆうちょ銀行というのは安心出来る銀行の1つと思われそうですが、編集部ではことカードローンに関しては他のカードローンが営業実績もあり、かゆいところに手が届くカードローンになっていると感じます。

 

そうしたところが余計なことを聞くことはないのはドノカードローンも心得ているので、本当に安心して任せられる要因にはなりません。

 

発行までにはかなりの時間がかかりますし、在籍確認の作業というのも遅れていることが多いです。でもゆうちょ銀行の安心感というものを感じ、気にせずに待つことのできるのであれば選択肢に入れてもいいのかなとは感じます。